はばたけ MY SOUL

oliversham.exblog.jp

WON-Pドッグセラピストのひとりごと

今日のオリバー

午後から
ひょうごアニマルサークルさんちに遊びに行かせてもらいました。

で、
中型犬5匹をシャンプーしてきました。
冬毛が抜けて、ちょっと涼しく過ごしてくれるかしら。
わんままのブログも見てね。

そして お土産(?)にチワワ1匹。
アニマルサークルさんで預かっている チワワ(推定6歳)が私の膝で寝てしまったので
明日までうちの子で連れて帰った。
我が家でシャンプーして お届けする予定。(写真は明日撮ります)

a0286340_2318083.jpg

今日のオリバーはちょっと対抗意識を燃やして
いつもより 寝る時間が少ない。

さて、お知らせ。
7月6日  岡山BAWWOWさんで
ドッグマッサージレッスンします。
11:30~13:30
ランチ&飼い主さんのてのひらで愛犬を癒してあげる講習
3000円。

14:15~  60分
プライベートコース
老犬・スポーツドッグ・アジリティドッグ・関節が心配なワンちゃんに
じっくりボディケア・・・セラピストのマッサージを受けてもらい
後日、飼い主さんに愛犬専用のレッスンシートを送ります。
↑シートを見て 飼い主さんがご家庭でマッサージできる。
3800円


ご予約は
conny.noriko@gmail.com
090-9508-9227
またはドッグランBOWWOW まで

[PR]
# by olivershampoo | 2013-06-11 23:32 | ワンコ | Comments(3)
マロンズガーデンさんが写真を撮ってくれました。アップさせていただきます。

a0286340_23192554.jpg

チワワちゃん3匹多頭飼いの1匹が
股関節が緩いとのことで お尻をてのひらで包み 軽くプッシュ。

a0286340_23195753.jpg

柴ちゃん2さい
現在は元気いっぱい。
走り回った後の後ろ脚ストレッチをしてもらおうね。

a0286340_23202916.jpg

チワワちゃん
ちょっとぽっちゃりさん。
触診すると関節の動きがぎこちないので
ダイエットに効く マッサージを続けてね。
咳が出るというので 循環器に効くツボ押し。小さな体ですから ゆっくりと圧は少なめから始めましょ。

a0286340_23212295.jpg

3月に股関節の手術をしたばかりのコッカーちゃん
まだ左右の後ろ脚の筋肉の大きさが違うので
栄養が行くよう 血行・リンパをスムーズに流し、筋肉を回復していってね。
バランスを取るために頑張っている、前脚のコリを緩和してもらいましょう。

a0286340_232287.jpg

ダックスちゃん3匹の多頭飼い
そろそろシニアになる年齢。
ヘルニアの心配もあるのでこのまま太らないように。
抱っこの時にはお尻を支えてね。
[PR]
# by olivershampoo | 2013-06-10 23:26 | ドッグマッサージ | Comments(3)

お母さんのてのひら

マッサージについての記述を見つけました。
ナットク!!!

グルーミング・触れ合うと⇒
オキシトシン分泌される⇒
セロトニン神経が活発になる⇒
セロトニン分泌される


いったいなんのこっちゃ?

オキシトシン=幸せホルモン

セロトニン=脳内で作られ、精神を安定させ、「安らぎ」を与えてくれるホルモン



マッサージの一番のメリットは人も動物も全く同じで、血液の循環が良くなることです。

それによって、「凝った」状態から楽に動かせるようになります。
また、セロトニンが分泌されることによって痛みが和らぎます。

血行がよくなることで老廃物を早く体外に出して、
必要な栄養素が必要部位に送られるので
怪我や手術後の回復にも効果的です。

セロトニンが
●よく眠れるようになる。睡眠ホルモンのメラトニンの材料にもなります。

●ストレスに強くなる。交感神経が高まるときノルアドレナリンが関係します。
 ノルアドレナリンを抑制する働きがあります。

●痛みに強くなる。。。セロトニン不足になると痛みに対して敏感になります。
             セロトニンが鎮痛効果があるということです。。



★難しいことを並べるよりも はっきり言って
お母さんのてのひらの 魔法!
『痛いの 痛いの 飛んでいけ~~~』

愛犬が幸せな顔をしてくれるのが一番の癒しですよね。
[PR]
# by olivershampoo | 2013-06-10 16:04 | ドッグマッサージ | Comments(3)
8日(土)
わくわく ドキドキのマッサージレッスンを行ってまいりました。

マロンの庭には・・・・←ポチして写真を見てね。
a0286340_23582319.jpg


でアップしていただきました。

参加者6名。 参加犬10ワン。
賑やかでしたよ~~~~。
でも、好きなツボを押してもらうと うっとり顔。

犬種・年齢・ワンちゃんの気になるところ などなど
ワンちゃんに合わせたアドバイスをさせていただきました。

次回のブログで詳しくお伝えします。。。。。

今夜はおやすみなさ~~~~い。
[PR]
# by olivershampoo | 2013-06-09 23:59 | ドッグマッサージ | Comments(2)
最近はワンちゃんが長生きになってきました。

悲しいかな、 人より早く年を取ります。

私は14年前(オリバーがうちの子になる前)
シェルティーを飼っていました。
その子は12歳で亡くなりました。

心臓病があったので、発作を時々起こして 介護をすることなく 逝かせてしまい
ワンちゃんの床ずれの経験はありません。

たくさんの方が経験されていて
その情報を 知ってもらえたら ワンコが少しでも楽になってくれるかな。

床ずれ防止の参考に


・まず最初の兆候は骨の出っ張ったところの毛が抜けてきます。
ピンクの肌が見えるようになります、ここが床ずれになる場所

・床ずれ予防には、毎晩ご飯のあとに熱いお湯に浸したタオルをきつく絞って身体を拭き、
ついでにマッサージしたりゆっくりと手足の曲げ伸ばしもしていました。

赤いポチポチの斑点状が皮膚に見えたらそれが床ずれの始まりです  床ずれの恐いのは表面よりも中からの細胞に壊死が起こることです。
骨ばった部分周り全体を毎日マッサージしながらチェックしてください

・ちゃんと食餌を摂っている時には床ずれ防止の体位変換は2時間~3時間に一度で大丈夫

体位変換は左右の手で両手、両足を持って背中からクルリと返しますこれですと3秒で変換できますから人間にもワンにも負担が掛りません

・ベッドはハニカムマットがおすすめですアイアンバロンで検索できます
 (ハニカムマットはたくさんの方が使ってよかったそうです)

・一番大切なことは「乾燥させない」痛い、痒いは全て乾燥からだそうです。
ナチュラルな物で「保湿クリーム」とか「馬油」のようなとにかく乾燥を防ぐものが一番良いと思います。

・おしっこシートは通気性がゼロでなので使わず、私はおむつをして、今流行りの「高反発マット」を使いましたが、バスタオルだけ敷きました。(通気性のため)


a0286340_21471434.jpg


老犬の介護をした方の実際の声です。
ブログに書くことで 私もオリバーが同じ状態になった時に 覚えておこうと思っています。
[PR]
# by olivershampoo | 2013-06-04 23:40 | 老犬について | Comments(3)