はばたけ MY SOUL

oliversham.exblog.jp

WON-Pドッグセラピストのひとりごと

セラピストとしての覚悟・・・

オリバーが虹の橋を渡って四十九日が過ぎました。
a0286340_1147840.jpg

    お散歩wancoのacoさんに撮影してもらった写真??
    http://sugar99.exblog.jp/22512556/
17歳と2か月
前日までご飯を食べて
亡くなる直前には起き上がり
自力でオシッコをして、手をかけずに逝きました。
a0286340_11482546.jpg

たくさんの人に「オリバー」「おりばぁちゃん」って呼ばれて
幸せだったことと思います。
本当にありがとうございました。

***ワンちゃんの体を触る覚悟!の話***
私がドッグマッサージセラピストになって経験の少なかった頃のこと
末期がんのゴールデンレトリーバーが施術に来られました。

左脚を断脚手術をして頑張りましたが・・・
全身に転移の状態です。

「楽にして上げたいのです」
とお母さんがおっしゃられました。
a0286340_129323.jpg

マッサージすることで癌細胞を転移させてしまうことがあるので
普通はお断りしますが、
むくんだ右脚をマッサージして、こわばった全身をほぐしていくと
本当に気持ちよさそうにして、
我が家にいる2時間の間に3回おしっこをしてくれました。
a0286340_1210119.jpg

「いい顔になりました??」
「夜には少し御飯が食べられたのです」
と嬉しい報告もいただきました。
Anneieちゃんのブログ

数週間後にこの子はなくなってしまいましたが、
私がセラピストで仕事をする!と覚悟をさせてくれたわんちゃんです。


だから、謙虚な姿勢で施術に臨みます。
わんちゃんと飼い主さんが笑顔になってくれること
それが 私のご褒美。

****************************
神戸~岡山でドッグマッサージのレッスン・施術をしています

犬種・年齢・骨格など犬にも個性があります。

「どこが気持ちいい?」と体話しながらマッサージをしていきます。

a0286340_23335788.png

[PR]
Commented by kimagure-dog at 2016-03-04 16:00
お久しぶりです
オリバーちゃんのご冥福を心よりお祈りします。
判っていてもお別れは辛いですね。

ゴールデンのお話、じ~んときました。
先住犬のめいも組織球性肉腫で断脚し、抗癌剤治療を受けましたが、手術後10ヶ月でお空に引っ越しました。
病気になっても、できる限り過ごし易いようにと思うのは、みんな一緒ですね。
by olivershampoo | 2016-02-29 12:18 | ワンコ | Comments(1)