はばたけ MY SOUL

oliversham.exblog.jp

WON-Pドッグセラピストのひとりごと

わんちゃんを亡くした方に寄り添って

犬の寿命が長くなり、
私が子供のころ40年前と比べ、犬とのかかわりが変わってきました。

室外の犬小屋 ⇒ 室内で生活する ・ 一緒に寝る方もいますよね。
番犬(家を守る) ⇒ 子供のような存在 (飼い主さんに守られる)

うちの子たちも 『目指せ!20歳』と掲げていますが
どうしても人より早く虹の橋を渡ってしまいます。

その時、悲しみで心が折れてしまう人もいらっしゃるでしょう。

a0286340_19571285.jpg


←セリーヌ
  16歳!











☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
私もオリバーが来る前に シェルティーを飼っていました。
3人の子供と一緒に成長し、
いっぱい楽しいことや失敗しながら、12年間暮らしました。

「家族の順位で次男と同じと認識して、次男と末っ子の長靴をいつも隠す」
「初めてペットホテルに預け、迎えに行ったら 大喜びしすぎて用水に落ちた」
「末っ子の娘より 交差点で信号待ちができたお利口さんなワンコ」
   たくさんありすぎて 書けないけど・・・    
だから、どんなに悲嘆にくれたことでしょう。
↑思い出・・・と語れるようになるために時間が必要でした。

姿がなくなっても、私が悲しいとき・辛いとき ワンコがいたことで慰められました。

愛犬を亡くされて悲しみから抜け出せない方に寄り添えるような人になりたいと思っています。
[PR]
Commented at 2013-12-27 20:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-12-27 21:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by olivershampoo | 2013-12-27 20:33 | ワンコ | Comments(2)